2019年11月17日

『嫌われる勇気』著者 講演会&サイン会

『嫌われる勇気』は2013年12月の発売から約6年が経過した現在も売れ続け、

シリーズで国内259万部、世界では570万部を突破!

読者のみなさまへの感謝をこめ、

「ありがとう『嫌われる勇気』200万部キャンペーン」として、

著者の古賀史健さん・岸見一郎さんをお招きし、

講演会&サイン会を開催いたします!!

 

嫌われる勇気 画像.png

 

■日時

2020年 2月 1日(土)

開場/13:30  開演/14:00

 

■場所

金沢ビーンズ 3Fイベントスペース

 

■定員

70名

 

■参加方法

金沢ビーンズにて、

『特装版 嫌われる勇気』

『特装版 幸せになる勇気』

『嫌われる勇気+幸せになる勇気「勇気二部作」特装版BOXセット』の3点のうち、

いずれかをお買い上げの方、先着70名様に整理券を配布いたしますので、

当店2Fレジカウンターにお申し出ください。

電話でのご予約も承っております。


○岸見一郎(きしみ・いちろう)
哲学者。1956年京都生まれ、京都在住。京都大学大学院文学研究科博士課程満期退学。専門の哲学(西洋古代哲学、特にプラトン哲学)と並行して、1989年からアドラー心理学を研究。日本アドラー心理学会認定カウンセラー・顧問。世界各国でベストセラーとなり、アドラー心理学の新しい古典となった『嫌われる勇気』『幸せになる勇気』執筆後は、アドラーが生前そうであったように、世界をより善いところとするため、国内外で多くの"青年"に対して精力的に講演・カウンセリング活動を行う。訳書にアドラーの『人生の意味の心理学』『個人心理学講義』、著書に『アドラー心理学入門』『幸福の哲学』などがある。

○古賀史健(こが・ふみたけ)
ライター/編集者。1973年福岡生まれ。1998年出版社勤務を経てフリーに。現在、株式会社バトンズ代表。これまでに80冊以上の書籍で構成・ライティングを担当し、数多くのベストセラーを手掛ける。臨場感とリズム感あふれるインタビュー原稿にも定評があり、インタビュー集『16歳の教科書』シリーズは累計70万部を突破。20代の終わりに『アドラー心理学入門』(岸見一郎著)に大きな感銘を受け、10年越しで『嫌われる勇気』および『幸せになる勇気』の「勇気の二部作」を岸見氏と共著で刊行。単著に『20歳の自分に受けさせたい文章講義』がある。