大人でも意外と知らない童話・おとぎ話


ちからたろう

杉山亮 文 伊藤秀男 絵/小学館

1,080円

岩手県の昔話。おじいさんとおばあさんの垢から生まれた垢太郎がこん棒を手に鬼を退治するお話です。グリム童話にも同形の話があり、世界中の人たちに知られています。

金をつむぐこびと -ルンペルシュティルツヒェン-

グリム 原作 バーナデット・ワッツ 絵 ささきたづこ 訳/西村書店

1,404円

グリム童話の一つ。お姫様が子供を守るために、鬼の名前を当てて追い払うお話。 対象の名前を知れば相手を支配出来るという概念が込められているお話です。

ゆきおんな

中脇初枝 文 佐竹美保 絵/小学館

1,080円

日本全国各地に伝承が残る「ゆきおんな」のお話。怖ろしいイメージを持つ「ゆきおんな」ですが、 もともとは雪山で出会った男と雪女の約束のお話。怖ろしくもあり悲しくもある物語です。

はちかづきひめ

長谷川摂子 再話 中井智子 絵/福音館書店

972円

大きな鉢をかぶせられたむすめは、父にもすてられ、さまよっているところを中将どのにすくわれるお話。『御伽草子』に描かれた日本のシンデレラ物語。

ながぐつをはいたねこ

シャルル・ペロー 原作 いとうみく 文 竹内通雅 絵/フレーベル館

1,382円

元はヨーロッパに伝わる民話です。親の遺産として受け取った猫が様々な方法で、主人に幸福をもたらすお話です。長ぐつを与えられた猫が主人の為に奔走する姿がとても愛らしいです。

さるかに合戦

舟崎克彦 文 浅賀行雄 絵/小学館

1,080円

日本の有名な民話です。因果応報という主題を元に作られていて、さるにひどい目にあわされた蟹の子が敵討ちに「うす」「はち」「どんぐり」「うしのくそ」と立ち上がるお話です。地域・著者によっては登場人物が「昆布」や「油」などに代わります。

うりこひめ

松谷みよ子 著 つかさおさむ 画/童心社

1,188円

「うりこひめとあまのじゃく」と呼ばれる場合もあります。瓜から生まれた「うりこひめ」があまのじゃくに攫われてしまうお話ですがその後の展開が地方によって異なり、ひめの育て親に食べさせたりひめに成りすまして輿入れしようとするなど様々な展開があるようです。

星の銀貨

グリム 原作 小沢俊夫 監訳 小沢昔ばなし研究所 再話 オットー・ウベローデ 絵/小峰書店

1,728円

グリム童話の一つ。両親を亡くした貧しい少女が出会う人に行った「ある事」を神様が褒め称え、星からの贈り物で裕福に暮らすことができるようになるというお話。自分よりも他人を思う事が出来る少女の行いにはとても感動します。

back number