大雪で閉鎖になった空港で、偶然出会った老人の「仕事は楽しいかね?」という問いかけに、動揺してしまう"私"。日々の仕事にゆきづまりを感じ、未来に期待感をもてない私に、老人は一晩だけの講義を開始する。

 

人生の成功者といわれる人物は如何にして成功者となったのか。本書にはそのあっさりとその答えが出てくる。本書において興味深いのは、その答えと成功者となるために日々心がけるべきことについての解説である。特別な才覚も、これまでに受けてきた一流の教育がなくとも歴史的な功績が残せるということが、この本を読めばわかる。

仕事は楽しいかね
デイル・ドーテン/著 野津智子/訳
きこ書房
1,404円(税込)