泉鏡花×中川学、第3弾!

今回の作品は『朱日記』です。

 

主人公は真面目で几帳面な雑所先生、

古い城下町で次々と起こる怪しい出来事...。

モノトーンを基調にした絵に、鮮やかな朱色が効果的で、

鏡花の幻想的な世界に引き込まれます。

 

絵本とはいえ原文そのままなのも魅力的。

難解といわれることも多い鏡花の文ですが、

独特の美しさがあって慣れると癖になります。

装丁も素敵な一冊ですので、お手元にどうぞ。

朱日記
泉鏡花/文 中川学/絵
国書刊行会
2,052円(税込)