「辞書は、言葉の海を渡る舟だ」

とある出版社の辞書編集部を舞台にした物語。

辞書編集という知らない世界を覗く面白さはもちろん、

主人公はじめ登場人物たちがそれぞれに個性的で、

彼らの不器用な生き方に共感したり、

懸命に働く楽しさを思ったりと、さまざまに楽しめる一冊。

読んだ後、思わず辞書を手に取りたくなります。

 

文庫版には主人公・馬締の恋文も全文掲載!

くすっと笑いたい時にぴったりの嬉しい特典です。

舟を編む
三浦しをん
光文社
670円(税込)