現在、ドラマもヒット中の流星ワゴン。

仕事も家庭もどん底状態で、「死んじゃってもいいかな。もう」と

思ってしまうカズ。

そんな時、5年前に交通事故で死んでしまった父子の乗るワゴンに拾われ、

過去の自身の人生の分岐点に戻り、なぜか自分と同じ年の親父も現れ、

親父(チュウさん)と一緒に自分の人生をやり直す旅にでかけます。

その旅を通じ、ほとんど会話もなく大嫌いだった父親の本当の想い、

関係を知り、家族の大切さ、暖かさを知っていくのです。

この本を読んで、父親、家族という大切な何かを感じていただければと思います。

流星ワゴン
重松 清
講談社
788円